生命保険を解約するには - プロが厳選!新発売の【生命保険】見直し相談・比較一覧

プロが厳選!新発売の【生命保険】見直し相談・比較一覧

生命保険を解約するには

契約している生命保険を見直してみた結果、解約したいと考えていらっしゃる方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。
生命保険の契約内容によっては戻ってくるお金があったり、中には戻ってきた金額に税金が掛かる場合があったりと、一口に解約と言っても難しい部分も多々あります。
生命保険を解約するにあたり、知っておきたいポイントをいくつかまとめてみました。

生命保険の中には契約を解除した際に返金されるものがあり、それを解約返戻金と言います。
契約している保険の種類や内容によって金額は異なりますが、中には「これしか戻らないの?」と言った経験をされた方もいらっしゃるのではないかと思います。
まずこの解約返戻金は契約している生命保険の内容により、支給されるものとされないものがあります。
契約期間が限定されている定額型の生命保険の中には無解約返戻型と言い、分かりやすく表現を変えると掛け捨てタイプのものもあります。
返却される金額が無い分、おそらく月々の支払金額が少なかったのではないかと思います。
また終身タイプの生命保険を解約する場合、一定期間の保険料金の支払いがあれば解約返戻金が発生する場合が多くなります。
特約で医療保険や定期保険を付加している場合などもある為、殆ど発生しないと言うケースも中にはあるようです。

また生命保険を解約する際に、この返戻金が発生する旨を説明されなかったと言う方も中にはいらっしゃいました。
解約の連絡をする前に、一度生命保険の契約内容を確認してからのご連絡をお勧めします。
また中には契約の際に解約返戻金について説明がなく、現在の生命保険を解約した際に金額が戻ってくるのか分からない方も多いようです。
定期的に契約されている生命保険会社へどの位の解約返戻金が貯まっているか確認するのも重要になってきます。
また返戻金は一時所得と言う扱いになりますが金額が支払った総額より超えていない・50万以下だった場合には税金はかかりません。
またおおよそ1週間前後で解約返戻金が振り込みされます。
解約する際には、是非参考にしていただければと思います。

top