生命保険の特約を見直そう - プロが厳選!新発売の【生命保険】見直し相談・比較一覧

プロが厳選!新発売の【生命保険】見直し相談・比較一覧

生命保険の特約を見直そう

生命保険の見直すポイントの1つに、契約している特約が本当に必要かどうかが挙げられます。
医療の進歩と共に生命保険の特約内容もどんどん変わってきており、何が必要なのか見極めるのが難しくなってきています。
ここでは生命保険の特約の見直しについて、触れてみたいと思います。

皆さんの中には現在契約している生命保険にどの様な特約が付いているのか、よく分からないとおっしゃる方も多いのではないかと思います。
特約とは簡単に言うとオプションで、主契約を補う契約や公的な医療保険では備えられない部分をカバーするものです。
備えあえれば憂いなしと言うことわざもありますが、すべてが必要かと言われたらどうだろうと思う部分もあるのではないでしょうか。
また特約はあくまでオプション契約なので、月々の支払いが加算され圧迫していまう事も考えられます。
では自分にはどの様な特約が必要なのか、どの様に見直しすべきかが重要なポイントとなってきます。

まず特約を付けるかどうかの見当材料として知っておくべきことは、公的な医療制度をしっかりと理解する事です。
多くの方は現在の医療負担額は3割程度と言う事を理解していますが、高額療養費制度と言い例えば入院などで月額の医療費がある一定額を超えると返金される制度があるのをご存知でしょうか。
一度病院の窓口に支払いしなければならないのですが、のちに一定額を超えているとその分は返金されます。

入院特約などを必要とするならば、医療費の自己負担分や差額ベッド代などを保障していただける分などで十分になってくるのではないかと言う考えになってきます。
またがんなどの先進医療は治療費などが高い事で知られており、治療内容によっては保険適応外のものもあります。
また女性特有の病気などを保障する特約などもあり、本当に必要と感じたものだけに絞り込む事で見直しが可能になるのではないかと思います。
生命保険の見直しの際には、特約も見直す事もお勧めします。

top